Dマニアブログ〜翻訳から見るディズニーの世界〜

英語と日本語の翻訳的観点から、ディズニー映画の分析、ディズニーランドなどアトラクションの分析、海外ディズニーパークのレポートなどをしております。

ディズニーについて、映画分析、アトラクション分析、イン日記まで色んなこと書いてます。

時々、ディズニーの音楽の訳詞したり、アトラクション説明の訳したり。

アニメや漫画のはなしなんかもしたり。

海外パークと東京ディズニーリゾートの比較なんかしてみたり。

 

【ディズニー事情】ウォルト・ディズニーの歴史(1) / 生い立ち・功績・人生をめぐる 【ディズニーブログ】【和訳】

ウォルト・ディズニー・ワールドにある〈One Man's Dream〉というウォルト・ディズニーの人生をめぐる展示を鑑賞できるアトラクションの展示物を網羅!

f:id:mandy227:20180113180845j:plain

翻訳してみたので、ウォルトの人生に興味がある方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

1906年 アメリカの小さな町で育つ

Growing Up In Small Town America 1906

f:id:mandy227:20180112121601j:plain

Though Walt only lived in Marceline, Missouri for four years of his childhood, he never lost touch with the charms of life in a turn-of-the-century American town. In the years ahead, Walt would often dream of recreating, for himself and others, that simpler world.

 

ウォルトは、ミズーリ州のマーセラインにたった4年子供のころに住んだだけだったが、世紀の変わり目だったアメリカの町の暮らしを忘れることはけっしてなかった。それからウォルトは、自分のため、みんなのためにもっと純粋な世界を作ろうと夢見ていた。

 

 

1915年 絵を描き始める

Walt Begins Drawing  1915

f:id:mandy227:20180112121621j:plain

As a teenager, Walt found the time to take some lessons. “I went to Saturday classes at the Kansas City Art Institute when I was fourteen,” he recalled. “When I went to Chicago, I went to the Academy of Fine Arts three nights a week while I was going to high school. Then after I’d been there for a while, I went into technique and I studied cartoon technique.”

 

10代のころ、ウォルトはいくつか習い事をしていた。「14歳のとき、カンサスシティ美術大学の土曜日の授業を受けてた」ウォルトは若き日を振り返る。「シカゴに移ってからは、高校に通いながら芸術アカデミー(現在のシカゴ美術館附属美術大学)へ週に3日、夜に通っていたよ。しばらくそこで学んでから、技術の道に入ってね。漫画の技術を学んだんだ」

 

 

1915年 ウォルトの少年時代のヒーロー

Walt’s Boyhood Hero 1915

f:id:mandy227:20180113115409j:plain

When Walt was a boy, one of his biggest heroes was Abraham Lincoln. “From the fifth grade on up,” he recalled, “I always came around on Lincoln’s birthday to all the classes with my crepe paper hair beard with the mole, a stovepipe hat I made by using a derby and putting a cardboard thing on top and painting it black, and my Dad’s coat. I’d come in and go through The Gettysburg Address.”

 

ウォルトが子どもの頃、彼にとってのヒーローはエイブラハム・リンカンだった。「5年生になってから、」ウォルトが語る。「リンカンの誕生日には、薄いちりめん紙で作ったヒゲとほくろをつけて、山高帽に厚紙とかを上につけてそれを黒く縫って作ったシルクハットをかぶり、父さんのコートを着て、全部のクラスを回った。ゲティスバーグ演説を再現したのさ」

 

 

1916年 王子、少女、そしてロマンス

The Prince, The Girl, The Romance 1916

f:id:mandy227:20180113172101j:plain

When Walt was a newsboy in Kansas City, he attended a screening of the live-action silent motion picture Snow White and the Seven Dwarfs. Walt would never forget the story of Snow White, and thought for years about how he could bring the tale to the screen in a way never before imagined.

 

ウォルトがカンサスシティで新聞売りをしていたころ、実写のサイレント映画『白雪姫と7人の小人』の撮影に参加していた。ウォルトは『白雪姫』のお話を忘れず、どうやってこのおとぎ話を誰もが想像しなかった形で映画にできるだろう、と何年も考えていた。

 

 

1917年 軌跡のはじまり

On The Right Track 1917

f:id:mandy227:20180113171257j:plain

As one of his earliest jobs, Walt sold candy and newspapers on the train out of Kansas City. After he began creating animated films, he dreamed of heading west to Hollywood. “I didn’t have enough money to get my ticket,” he recalled. “I used to go down and stand there with tears in my eyes and look at those trains heading out to Union Station in Los Angeles.”

 

ウォルトは若い頃、カンサスシティ行きの電車でお菓子と新聞売りの仕事をしていた。アニメーション映画を作り始めてからは、西海岸、ハリウッドへ行ける日を夢見た。「乗車券を買うお金がなくてね」ウォルトは振り返る。「駅に行っては、目に涙をためながらロサンゼルスのユニオン駅行きの電車を見送ったものさ」

 

 

1917年 ディズニー兄弟

The Disney Brothers 1917

f:id:mandy227:20180113174130j:plain

When Walt was growing up, his family was just barely making ends meet. “For Christmas and birthdays,” Walt recalled, “my brother Roy was the one who would always see that my sister Ruth and I had toy. Roy was one of the kindest fellows I’ve ever known in my life.”

 

ウォルトが大きくなっても、ウォルト一家は度々顔を合わせていた。「クリスマスと誕生日に」ウォルトが語る。「妹のルースとぼくがおもちゃで遊ぶのを見ていてくれたのは兄のロイだった。ロイは、ぼくの人生でもっとも心優しかった仲間だね」

 

 

1924年 初の快挙はアリスの映画

Alice Cartoons – an Early Innovation

f:id:mandy227:20180113174227j:plain

In the early 1920s, cartoons were becoming more and more popular. “I was thinking,” Walt once recalled, “if I had something novel, instead of parroting the other cartoons, I might crack the market. They had the cartoons working with the humans, maybe I’ll pull a reversal on that, I’ll make a real person and put them into the drawing. So I made Alice’s Wonderland.”

1920年代初頭、アニメ映画が人気になってきていた。「考えてたんだ」ウォルトは今一度振り返る。「他のアニメ映画を真似するんじゃなくて、何か新しいことをしたら市場を沸かせられるんじゃないかって。人間と一緒に動くキャラクターはもういたから、その逆に本物の人間が絵の中に入るものを作るのはどうかなって。それで『アリスの不思議の国』ができた」

 

 

1928年 ハリウッドに新スターが誕生

A New Hollywood Star Is Born 1928

f:id:mandy227:20180113180631j:plain

On a train from New York to Los Angeles, Walt dreamed up a new character to star in his next cartoon: a mouse named Mortimer. Walt’s wife, Lillian, cautioned that “Mortimer” sounded a little pompous. In a moment that would change film history, she suggested the name Mickey.

 

ニューヨークからロサンゼルスに向かう電車の中で、ウォルトは次のアニメ映画に登場するキャラクターを思いついた。モーティマーというネズミのキャラクターだ。ウォルトの妻のリリアンは、モーティマーという名前は少し気取りすぎでは、と助言した。この瞬間が歴史を変えることになる。リリアンがミッキーという名前を提案したのだ。

f:id:mandy227:20180113182835j:plain

 

1928年 おしゃべりに! 歌まで!

They Talk! They Sing! 1928

f:id:mandy227:20180113180729j:plain

When Mickey Mouse made his debut in “Steamboat Willie,” audiences were delighted by the new marvel of synchronized sound, with music and dialogue perfectly matched to the action onscreen, Walt Disney recalled how he first gave his voice to Mickey. “I kept saying ‘No, it’s more like this.’ And the guys said ‘Well, Walt, why don’t you do it?’ So I did. Yeah, I’m a character.”

 

ミッキーマウスが『蒸気船ウィリー』でデビューを飾ったとき、音楽と会話がスクリーンの動きにぴったり合っている音声効果に観客は驚いた。ウォルト・ディズニーは、初めてミッキーに声をあてたときのことを振り返る。「ぼくは『ちがう、そうじゃない』って役者にずっと言ってたんだ。そしたらみんながこういうんだ。『ウォルト、君がやってみたら?』それで、やってみた。ああ、僕は才能ありだったのさ」

 

 

1929年 シリー・シンフォニー、それは音楽、映像、感覚の融合

Silly Symphonies: Music, Images and Emotion 1929

f:id:mandy227:20180113180752j:plain

Though Walt was not a musical expert, he understood the emotional value music could bring to his animation. Following the phenomenal success of Mickey Mouse, Walt created a new series of animated stories told without dialog, relying totally on images and music. He called them Silly Symphonies.

 

ウォルトはミュージカルは専門ではなかったが、音楽がアニメ映画にもたらしてくれる価値がわかっていた。ミッキー・マウスの大ヒットに続いて、ウォルトは会話なしの完全に映像と音楽だけのアニメシリーズを制作した。それをシリー・シンフォニーと名付けた。

 

 

1930年 ディズニーのアニメイターたちには授業が必修

Disney Animators Have Class 1930

f:id:mandy227:20180113182750j:plain

As Walt’s animated films became more ambitious, he found he had to improve the skills of his animators. He recruited faculty members from the Chouinard Art Institute to hold classes at the Studio. “There was a need for the study of movement, simplification of lines that applied to our business. So I set up a school.”

 

ウォルトは、映画制作に熱心になっていくにつれ、アニメイターたちの腕に磨きをかける必要があることに気がづいた。シュイナード芸術学校から才能のある人員を雇い、スタジオで授業をしてもらえるよう頼んだ。「キャラクターの動きや、線の一貫性について学ぶ必要があった。ぼくらの映画制作に応用させたかったんだ。だから学べる環境を作った」

 

 

1932年 原動力になったのは

The Creative Dynamic

f:id:mandy227:20180113182813j:plain

The powerful combination of Walt’s artistic vision and Roy’s wise business acumen allowed their fledgling motion picture studio to prosper. In 1932, Roy merchandise – watches, toy trains and stuffed animals – providing a fresh new stream of revenue for the company, and bringing Walt’s creations into homes across the world.

 

ウォルトの芸術肌的な展望と、ロイの賢明な洞察力というタッグが駆け出しだった映画スタジオを成功へと導いた。1932年、ロイが時計やおもちゃの鉄道、ぬいぐるみなどを販売したことで、会社に新たな収益の風吹かせ、ウォルトの発想を世界中の家々に届けた。

 

 

 

→→ →→ →→ →→ →→ →→ →→ (2)へつづく