Dマニアブログ〜翻訳から見るディズニーの世界〜

英語と日本語の翻訳的観点から、ディズニー映画の分析、ディズニーランドなどアトラクションの分析、海外ディズニーパークのレポートなどをしております。

ディズニーについて、映画分析、アトラクション分析、イン日記まで色んなこと書いてます。

時々、ディズニーの音楽の訳詞したり、アトラクション説明の訳したり。

アニメや漫画のはなしなんかもしたり。

海外パークと東京ディズニーリゾートの比較なんかしてみたり。

 

【WDW】Walt Disney World Railroadの歴史/鉄道を愛してやまないウォルト【ディズニーブログ】

WDWにある、ウォルト・ディズニー・ワールド・レイルロード

日本でいうウエスタンリバー鉄道に近いこの乗り物。

日本と違うのはパークを一周するということです。パークに入るとまず見えるのが、この蒸気機関車の駅。

f:id:mandy227:20170827131904j:plain

今回は、駅に貼ってあったポスターを訳してみます。

歴史深いこのアトラションを調べて、ウォルトの息遣いを感じましょう!

 

 ■ 1号機 ウォルター・E・ディズニー

f:id:mandy227:20170827164346j:plain

WALTER E. DISNEY

Old Number 1, The Walter E. Disney, is known as a ten-wheeler. It has four wheels at the front of the engine, six in the middle and none at the rear(4-6-0). Built by the Baldwin Locomotive Works of Philadelphia, Pennsylvania, in 1925, the locomotive that later became the Walter E. Disney worked as number 274 on the United Railways of Yucatan, Mexico. Years later, Imagineer Roger Broggie went searching for existing narrow gauge steam engines that could be converted to the exacting standards required for a Disney theme park attraction. In 1969 he found what he was looking for in a railway equipment boneyard in Merida, Mexico. He shipped the engine to Florida where it was reworked, refurbished, and rechristened with a new name and number. Walter E. Disney Number 1.

 

ウォルター・E・ディズニー

1号機は、10つ車輪を持つウォルター・E・ディズニーだ。車輪は、エンジン部の前に4つ、車体の真ん中に6つ付いており、後方にはついていない。(4-6-0型) 1925年、ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるボールドウィン・ロコモティブ・ワークス社によって建築され、メキシコのユカタンにあるユナイテッド・レイルウェイズで機関車274号として稼働したのちに、ウォルター・E・ディズニーとなった。数年後、イマジニアのロジャー・ブロギー氏は、ディズニーのテーマパークが求める規格に改造できそうな、既存の細い幅の蒸気エンジンを探しに行った。1969年、正に探していたものをメキシコのメリダにある鉄道設備の廃棄場で発見した。ブロギー氏は、エンジンをフロリダに送り、手を加え改造し、新しい名前と番号をつけた。それが「ウォルター・E・ディズニー・ナンバー1」。

 

Walt Disney was a dreamer. As a boy, he traveled the rails of the Missouri Pacific Railroad selling newspapers and candy to the passengers. His older brother Roy and his Uncle Mike Martin obtained employment with the Santa Fe Railroad and Walt dreamed of becoming an engineer. His future took a different path, but his love of railroading never diminished. In the late 40's, with Walt Disney Productions a very successful venture, he focused on building his own railroad, the Carolwood Pacific a 1/8 scale live steam railway that traveled over 2,600 feet of track around his backyard. This miniature railroad served as the model for the Disneyland Railroad and the inspiration for the Walt Disney World Railroad.

 

ウォルトは夢想家であった。子供のころ、乗客に新聞やお菓子を売るためにミズーリ・パシフィック・レイルロードの鉄道に乗った。ウォルトの兄ロイと、おじのマイク・マーティンがサンタフェ・レイルロードに雇用されたことで、ウォルトはエンジニアになる夢を膨らませていた。結局ウォルトは違う道に進んだが、鉄道愛がなくなったわけではない。1940年代後半、ウォルト・ディズニー・プロダクションは事業が成功したので、ウォルトは、実際の8分の1のスケールの鉄道、キャロルウッド・パシフィックを自分の手で建築することに専念した。このミニチュアは、ウォルトの裏庭にあるおよそ800mの線路を走った。この鉄道が、ディズニーランド・レイルロードのモデルとなり、ウォルト・ディズニー・ワールド・レイルロードの着想の源となった。

 

In 1804, mechanic Richard Trevithick first introduced steam power to the railways of England. By 1830 the United States had also embraced the concept of travel by rail. Within forty years, on May 10, 1869 the Atlantic and Pacific coasts were linked together by a standard gauge transcontinental railroad. The narrow gauge railway came into its own with the desire to run trains north and south, as well as east and west. Because narrow gauge track is only 3 feet wide, compared to a standard gauge of 4 feet 8 -1/2 inches, narrow gauge locomotives and cars are smaller, making them lighter and less expensive to build. Of even greater importance are the narrower roadbeds which are easier to lay along sheer rocky chasms and treacherous, turning mountain slopes. Surprisingly, Florida is not as flat as it sometimes appears and WDW Railroad has to deal with grades of up to two percent.

 

1804年、英国の技術者、リチャード・トレビシックが初めて蒸気の動力を導入した。1830年からアメリカ合衆国でも、鉄道で移動するという手段が用いられるようになった。40年間も経たずして、1869年5月10日、大陸を横断する標準軌の線路で、大西洋岸と太平洋岸間を移動できるようになった。東西同様、北から南まで鉄道を走らす際、軌間の狭い線路の真価が発揮された。なぜなら、通常の軌間が1.4mなのに対し、狭い線路は軌間1mほどなので、狭い幅のエンジン車両やその他車両は、より小さく軽く、また安価で作ることができるからだ。さらに、路盤が狭いと岩石山の垂直な谷間や、足場の悪い蛇行した山斜面に線路を引きやすい。驚くことに、フロリダ州は思っていたより平らではなかったので、WDWレイルロードは最大で2%の勾配をつける必要があった。

 

 

■ 2号機 リリー・ベル

 

f:id:mandy227:20170827131951j:plain

LILLY BELLE

The Lilly Belle is a Mogul 2-6-0, which means it has two wheels at the front of the engine, six in the middle and none at the rear. It was built by the Baldwin Locomotive Works of Philadelphia, Pennsylvania in 1928 and operated on the United Railways of Yucatan, Mexico as engine number 260. Imagineer Roger Broggie found the Baldwin bunker C oil burner in a railway equipment boneyard in Merida, Mexico in 1969. He shipped the narrow gauge steam engine to Florida where it was converted to the exacting standards required for a Disney theme park attraction. When the work was finished the engine had a new look, a new name and new number. Lilly Belle Number 2.

  

リリー・ベル 

リリー・ベルは、ムガール2-6-0型の蒸気機関車で、車輪が前方のエンジンに2つ、車体の真ん中に6つ、後方には付いていない型である。1928年にペンシルベニア州フィラデルフィアにあるボールドウィン・ロコモティブ・ワークス社によって建築され、メキシコのユカタンにあるユナイテッド・レイルウェイズで機関車260号として操作されていた。1969年、イマジニアのロジャー・ブロギー氏は、メキシコのメリダにある鉄道設備の廃棄場で、ボールドウィン製の燃料「Cオイルバーナー」を発見した。その細い幅の蒸気エンジンをフロリダに送り、ディズニーのテーマパークアトラクションの規格にぴったり合うように改造した。作業後、そのエンジンは新しい外観、新しい名前、新しい番号を手にいれた。それが「リリー・ベル・ナンバー2」。

 

Lillian Bounds Disney was married to Walter E. Disney for 41 years. They met in 1923 when she applied for a $15 a week job, inking and painting animation cels for the Disney brothers cartoon studio. Two years later they became husband and wife on a July day in 1925. In the late 40’s, with the studio doing well enough to afford a new home for his growing family, Walt decided to go into the railroad business. Unfortunately, the tracks for his miniature rail line would need to run through Lillian’s newly planted flower beds. Luckily for Walt, and train enthusiasts everywhere she granted him right-of-way and the Carolwood Pacific Railroad, the inspiration for the Disneyland Railroad and the Walt Disney World Railroad, was born.

 

リリアン・バウンズ・ディズニーとウォルター・イライアス・ディズニーの結婚生活は41年に及んだ。リリアンが、ディズニー・ブラザーズのアニメスタジオでのアニメのセル画を描いたり色を塗ったりする仕事(週給15ドル)に応募した際に、二人は出会った。その2年後、1925年の7月、二人は夫婦となった。1940年代後半、アニメスタジオの業績は好調で、のちに大きくなっていく家族のために新しい家を買う余裕があるほどだったので、ウォルトは鉄道業界に足を踏み入れる。運が悪いことに、ウォルトのミニチュア鉄道の線路は、リリアンの新しく植えたばかりの花壇を通らざるを得なかった。ウォルト、そして世界中の鉄道ファンには嬉しいことに、リリアンは鉄道の通行を許可してくれた。そして、ディズ二ーランド・レイルロードや、ウォルト・ディズニー・ワールド・レイルロードのきっかけとなった、キャロルウッド・パシフィック・レイルロードが生まれたのだ。

 

Steam locomotives need a constant supply of water to turn into steam, thus a water pumping system is needed. Back in the early days of railroading, an ingenious system was developed to deliver water to the boiler. By connecting a pump to the crosshead, and taking advantage of the movement already taking place, water was pumped from the tender tank into boiler. Over the years this system fell out of favor and newer, more modern system were employed. Some ancient narrow gauge steam locomotives still employed this pump into modern times as they tend to be more basic in design and function. The Magic Kingdom steam locomotives retain this wonderful mechanical contraption as a tribute to the classical iron horse and the ingenuity of its designers.

 

蒸気機関車には、蒸気に変わる水の供給を絶えず行わなければならない。したがって、ポンプ装置が必要である。初期の鉄道建築では、水をボイラーに送る優れた装置が発達していた。クロスヘッドにポンプを繋げ、元々の動きを利用することで柔らかいタンクからボイラーへと注水されるのだ。やがて、この装置を利用する車両は減っていき、新しくより現代的な装置が採用された。規格の狭い古い蒸気機関車のいくつかは、現代に至るまでこのポンプ装置を使用しており、デザインや機能の基盤となりつつある。マジックキングダムの蒸気機関車は、元祖蒸気機関車やその建築者たちの才能へ敬意を示すためとして、この素晴らしい機械じかけを守って来た。

 

■ 3号機 ロジャー・E・ブロギー

f:id:mandy227:20170828123620j:plain

ROGER E. BROGGIE

Like its counterpart, the Walter E. Diseny, the Roger E. Broggie is a ten-wheeler. It has four wheels at the front of the engine, six in the middle and none at the rear(4-6-0). It came out of the Baldwin Locomotive Works of Philadelphia, Pennsylvania in May 1925, destined for the jungle of Mexico as engine number 275. In 1969, its namesake, Imagineer Roger Broggie, found it discarded and abandoned in the bone yard of a Yucatan railroad equipment storage area. Walt Disney had personally authorized the construction of the Walt Disney World Railroad in Florida. Roger Broggie suggested using existing narrow gauge steam engines that could be converted to his exacting standards, rather than building new trains, as they had for the opening of Disneyland. When Roger found what he was looking for in Mexico, he shipped engine number 275 to Tampa, Florida. Veteran machinist George Britton took possession of the train and transformed it into the Roger E. Broggie Number 3 under the direct supervision of its namesake. George then accompanied the newly refitted Roger E. Broggie to the Magic Kingdom and for thirty-five years served as the foreman of the Walt Disney World Railroad.

 

ロジャー・E・ブロギー

ウォルター・E・ディズニーと同様に、ロジャー・E・ブロギーも10つの車輪をもつ車型だ。車輪は、前方のエンジン部に4つ、車体の真ん中に6つ付いており、後方にはなしである。(4-6-0型) 1925年5月、ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるボールドウィン・ロコモティブ・ワークス社で生まれ、メキシコの密林地帯で機関車275号として活躍していた。1969年、当機関車の名前の由来である人物、ロジャー・ブロギー氏は、ユカタンにある鉄道設備の保管地区の廃棄場で捨てられていたこの機関車を発見した。ウォルトは、フロリダにウォルト・ディズニー・ワールド・レイルロードの建設を決めていた。ブロギー氏は、既存の狭い幅の蒸気エンジンを使用するよう提案した。ディズニーランド(アナハイム)開業のときと同様、ウォルトが求めているように改造できると分かっていたので、新しく車両を作るよりいいと考えたのだ。メキシコで、ブロギー氏は求めていたエンジンを見つけ、フロリダ州のタンパに機関車275号を送った。ベテラン機械工のジョージ・ブリットン氏が、この機関車を担当しブロギー氏監督の下、「ロジャー・E・ブロギー・ナンバー3」へと変身させた。そして、ブリットン氏はマジックキングダムに向けてのロジャー・E・ブロギーの改修にも携わり監督として、45年間をウォルト・ディズニー・ワールド・レイルロードへ捧げた。

 

Roger Broggie's career as a railroad man began with Walt Disney and the planning and construction of the Carolwood Pacific Railroad. Along with Disney studio craftsman Ed Sargent and animators Ward Kimball and Ollie Johnston, Roger helped Walt create a 1/8 scale, steam train that would travel along 2,600 feet of track around Walt's backyard. This miniature railroad served as the model for the Disneyland Railroad and the inspiration for the Walt Disney World Railroad. In 1952 Roger Broggie became Walt's first Imagineer and helped develop the technology used for Audio-Animatronics and all Disney theme park conveyance system. Roger retired in 1975 as vice president of research and development for Walt Disney Imagineering, and recognized by the company in 1990 as a true Disney Legend. 

 

ロジャー・ブロギー氏の“鉄道男”としてのキャリアはウォルトと共に始まった。キャロルウッド・パシフィック・レイルロードを設計し建築した。ディズニー・スタジオの建築家、エドワード・サージェント氏とアニメイターのウォード・キンボール氏、オリー・ジョンストン氏と共に、ブロギー氏は、ウォルトの裏庭の800mの線路を走る、8分の1スケールの蒸気機関車制作を手伝った。このミニチュア機関車はディズニーランド・レイルロードのモデルとなり、ウォルト・ディズニー・ワールド・レイルロードの元となった。1952年、ロジャー・ブロギー氏は、第一線のイマジニアとなりオーディオ・アニマトロニクスとディズニーのテーマパークにおける乗り物に使用される技術の向上に務めた。1975年に、ブロギー氏はウォルト・ディズニーイマジニアリング社の調査、開発の責任者として退職した。そして1990年、同社からディズニー・レジェンド賞を受賞した。

 

The Roger E. Broggie has what is known as a diamond stack, so named for the shape fashioned at the top of the exhaust stack. Very early in the evolution of steam locomotion, it was discovered that smoke was not the only thing exiting the exhaust stack. Red hot cinders, particularly adept at setting the countryside ablaze, would also blow out. In order to appease angry farmers and town fathers affected by these rolling fire storms, these large stacks were designed with an internal array of baffles and screens that would allow the smoke to pour from the stack, but keep the cinders trapped within.

 

ロジャー・E・ブロギーはダイヤ型排気口で有名だ。ダイヤ型とは、排気筒の口の形から由来している。 蒸気機関車の革命初期、排気筒を通るのが煙だけじゃないとわかった。金属が熱されて発生する灰(特に田園を炎上させる可能性が高い)も吹き出ていたのだ。農家や街の役人の、この巻き上がる灰への不満をなだめるため、大きな排気筒は内部のバッフルや仕切りを利用して設計された。この作りだと、煙を排気筒から移してくることもできるし、灰を外に排出せずに済むのである。

 

f:id:mandy227:20170903101014j:plain

f:id:mandy227:20170903101027j:plain

ROY・O・DISNEY

The Roy O. Disney is considered an American Standard, which means it has four wheels at the front of the engine, four in the middle four and none at the rear (4-4-0). It is both the oldest and newest steam train in the park. Built in 1916, almost a decade earlier than the Walter E. Disney and Roger E. Broggie, it was the only steam engine that did not debut at the Magic Kingdom's opening on October 1, 1971. It was not until December of that year that it joined its three fellow passenger trains on the tracks of the Walt Disney World Railroad. Originally, it was built by the Baldwin Locomotive Works of Philadelphia, Pennsylvania. It worked on the United Railways of Yucatan as engine number 251. Imagineer Roger Broggie found it in their boneyard in Merida, Mexico in 1969. He shipped the battered steam train to Florida where it was reworked to his exacting standards. The new train missed the Magic Kingdom's opening date by two months, and instead made the perfect Christmas gift for the new park: Roy O. Disney Number 4.

 

ロイ・O・ディズニー

ロイ・O・ディズニーは、アメリカのスタンダード型である、車輪が前方のエンジン部に4つ、車体の真ん中に6つ、後方にはなしの4-6-0型である。パーク内で最も古く最も新しい蒸気機関車だ。というのも、ウォルター・E・ディズニーやロジャー・E・ブロギーよりも10年早い、1916年に建築されたものの、1971年10月1日のディズニーランドの開業時に唯一発表されなかった機関車なのだ。同年の12月に、ウォルト・ディズニー・ワールド・レイルロードの線路にデビューし、ほか3機の仲間に加わった。元々は、ペンシルベニア州フィラデルフィアボールドウィン・ロコモーティブ・ワークス社で建築された。ユカタンのユナイテッド・レイルウェイズで機関車251号として動いていた。1969年に、イマジニアのロジャー・ブロギー氏がメキシコのメリダにある廃棄場で見つけたのだ。このボロボロの蒸気機関車をフロリダに送り、ブロギー氏の規格に合うように手を加えた。マジックキングダムの開業からは2ヶ月遅れをとってしまったが、新しいパークへと完璧なクリスマスプレゼントとなった。それが「ロイ・O・ディズニー・ナンバー4」である。

 

Roy Disney was Walt’s older brother, mentor and lifelong business partner. Roy’s association with railroading began in 1915 when he worked as a candy butcher on the Atchison, Topeka and Santa Fe Railway. In 1923, he and Walt co-founded the Disney brother’s cartooning enterprise. Roy chose to stay in the background, astutely managing the growing entertainment company, while Walt lead it creatively. In 1966, Roy assumed leadership of the company upon Walt’s death. He vowed he would open Walt Disney World in Florida and on October 1, 1971 he kept his promise at all.

 

ロイ・ディズニーはウォルトの兄であり、良き指導者であり、生涯のビジネスパートナーでもあった。ロイと鉄道の関係が始まったのは、1915年、アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ・レイルロードでお菓子売りをしていたときだった。1923年、ロイとヲルトはディズニー兄弟のアニメ会社を共同設立した。ウォルトが会社を引っ張っていく中、ロイは、表舞台に立たず、成長し続ける会社の管理に賢明に徹した。1966年、ウォルトの死を受けてロイは会社の責任を引き受けた。ロイは、フロリダにウォルト・ディズニー・ワールドを作ることを誓い、1971年10月1日、その誓いを果たした。

 

The pilot, as it is properly known, or the cow catcher, to which it is more commonly referred, began appearing on locomotive as a defensive measure. The scoop-shaped contraption was designed to clear from the tracks objects that might derail the locomotive and its cars. This was especially important to small, narrow gauge engines that sometimes came up against large, wide gauge bulls. Railroad myths had it that the larger the cow the more stubborn its nature. Sometimes a blast from the locomotive’s whistle or the clanging of a train’s bell was not enough to persuade them to move from the tracks, and so the cow catcher was born.

 

排障器がちゃんと一般にも浸透するようになり、蒸気機関車にも汽車を守る装置として登場し始めました。機関車や車両が脱線しないように形状をスコップ型にし、線路の形に沿って設計された。大きな横幅のある牛に出くわすこともあったので、軌間の狭いエンジンは特に重宝された。「大きな牛ほど頑固な性格」という鉄道界の言い伝えもある。時には、蒸気機関車の汽笛の音やベルを鳴らしても線路から牛を追い出せないこともある。そのために、排障器が生まれたのだ。

 

 

どのようにこのレイルロードが成り立ったのか、よくわかりましたでしょうか。

それぞれの機体に、たくさんの人の思いや夢が詰まっているのがわかりました。

ディズニーランドと蒸気機関車は切っても切れない存在です。

これからもこの歴史を胸にアトラクションに乗っていきたいと思います。