読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dマニアブログ〜翻訳から見るディズニーの世界〜

英語と日本語の翻訳的観点から、ディズニー映画の分析、ディズニーランドなどアトラクションの分析、海外ディズニーパークのレポートなどをしております。

ディズニーについて、映画分析、アトラクション分析、イン日記まで色んなこと書いてます。

時々、ディズニーの音楽の訳詞したり、アトラクション説明の訳したり。

アニメや漫画のはなしなんかもしたり。

海外パークと東京ディズニーリゾートの比較なんかしてみたり。

 

【California Disneyland Diary】カリフォルニアディズニーランド日記⑻【ディズニーブログ】【旅行記】

今年の1月にカリフォルニアのディズニーランドとカリフォルニアアドベンチャーにいってきたので、その記録を残そうかなと思い始めます!

日記のようなかんじなので、ゆるりと。

(※ディズニー好き向け)

 

2016年1月

☆4日目⑵

 

Disneyland Park

そして、Fantasylandの端にあるIt’s a small worldへ!

f:id:mandy227:20160722144508j:plain

アナハイムのイッツアスモールワールドは、なんと外から出発します。

f:id:mandy227:20160722144522j:plain

外から乗って、中に入るとなると、よりいっそうワクワク感がありますよね。トンネルをくぐったらそこはもう「イッツアスモールワールドの世界」でした。

日本と違うのは、中にディズニーのキャラクターたちがちりばめられているということ!

その世界のエリアに関連したキャラクターたちがいました。(例えば、ハワイならリロとスティッチ!

f:id:mandy227:20160722144538j:plain

他にも、ウッディやジェシー、ホセとパンチートなどたくさんいました。日本とはまた違う楽しみ方が出来そうです!

 

そして、Main Street USAに戻って来て、Mickey’s Soundsational Parade

f:id:mandy227:20160722144550j:plain

ドラムを叩くミッキーを先頭にパレードはスタートします!

BBBでもドラムミッキーは見られますが、屋外でしかもパレードフロートに乗りながらドラムまで叩いてしまうなんてさすがミッキーです!

f:id:mandy227:20160722144604j:plain

日本のパレードは、人魚姿のアリエルはなかなか見ることが出来ませんが、アナハイムでは夜のパレードPaint the Nightでも人魚のアリエルを見ることができました。

 

後は、たくさんのプリンセスたち。プリンセスティアナもいましたよ!

f:id:mandy227:20160722144618j:plain

f:id:mandy227:20160722144628j:plain

ラプンツェルのフロートは塔がモチーフ。とっても高かったです!!

塔の窓から髪がおろされているということは、抜け出してきたんでしょうか^^?

日本のハピネスイズヒアにちょっと近いようなパレードです。

 

そしてアメリカでは、ディズニーのピンズを交換するPin Traderが盛んです!

f:id:mandy227:20160722144214j:plain

日本でも昔は、ピントレードが流行りましたが、悲しいことに今はめっきりですよね。

アメリカでは、お店やキャストは必ずたくさんディズニーピンズをつけていて、交換を申し出れば、検討してくれます!

ので、行くときはぜひ持っているピンズを持って行くのをおすすめします!

もう売っていないレアなピンズをゲットする可能性もありますよ。

今度行くときは、日本にしかなさそうなピンズを持って行って愛しのハデスのピンズと交換してもらおうと思います。。笑

 

 

 

そして、夜は、再びDisneyland Forever

この日は、眠れる森の美女の城から。

ナレーションが、今までのディズニーの軌跡を解説してくれます。

ウォルト・ディズニーという人物が描いた夢とは。ウォルト・ディズニーが小さなネズミと手をつないでここまで築き上げて来た「マジックキングダム」とは。

訳はこちら↓↓

 

mandy227.hatenablog.com

 

動画はこちらから↓↓

 

 

 

 

 

そして、ついに3日間のディズニーランドでの旅が終わりました。

初めて海外のディズニーランドに行きましたが、世界の中で一番行きたかったディズニーランドは、ここカリフォルニアアナハイムのディズニーランドでした。

ここはマジックキングダムの原点です。

ウォルトが実際に手がけ、作ったただひとつの王国です。

一番古いからこそ、技術的に他のパークに劣っていることはあったと思います。ですが、一度、入り口の門をくぐると涙が出てしまいそうでした。それくらい、わたしにとっては夢にも描いた場所でした。

小さいころからディズニーチャンネルで、アナハイムのディズニーランドの特集を、ビデオがすり切れるまで再生するくらいあまりにも焦がれていたので、自分がその場所に立っているのに、まるで、本当に夢の世界のようで、ィズニーランドに来ているんだという実感が、日本に帰ってくるまで出来ませんでした。

アメリカにいったことで、日本人のディズニーの愛し方、日本のディズニーのあり方、日本人がディズニーに求めているもの、すべてがアメリカとは違っているということに気付き、とても面白かったです。

世界中で愛されているディズニーというコンテンツが、たったひとりの男から始まったという、それ自体が信じられないくらい夢みたいなことです。それを、肌で感じることが出来るのが、ここ、カリフォルニアのディズニーランドです。

f:id:mandy227:20160722145235j:plain