読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dマニアブログ〜翻訳から見るディズニーの世界〜

英語と日本語の翻訳的観点から、ディズニー映画の分析、ディズニーランドなどアトラクションの分析、海外ディズニーパークのレポートなどをしております。

ディズニーについて、映画分析、アトラクション分析、イン日記まで色んなこと書いてます。

時々、ディズニーの音楽の訳詞したり、アトラクション説明の訳したり。

アニメや漫画のはなしなんかもしたり。

海外パークと東京ディズニーリゾートの比較なんかしてみたり。

 

【ディズニー事情】東京のタワーオブテラーの知られざる登場人物⑵【ディズニーブログ】

【ディズニーブログ】 【ディズニー事情】 【和訳】

前回のつづき。。

mandy227.hatenablog.com

 

ニューヨーク・グローブ・テレグラフより。

f:id:mandy227:20160915141752j:plain

 

 A pair of green glowing eyes had been artfully painted onto one of the intuition gleaned from twenty-five years of adventure, steered his men up that tributary, and once they'd passed beneath the eyes, the angry natives broke off their pursuit.

Hightower's interpreter recognized the green eyes, and fearfully said they were now in the territory of the feared Mtundu tribe. Mtundu means “mischievous” in the local dialect, for they are known to work black magic mischief against their enemies. The interpreter begged Hightower to turn back. But with the angry tribe waiting for them downriver, there was no choice but to press onward. They paddled their canoes up the ominous tributary, through festering forests that were sickeningly overgrown with vivid green moss.

彼は、25の探検から得た直感からあるたくらみを思いつき、緑の目を輝かせた。付き人を河口へ連れて行き、ねじれた木を上手く利用し瞬時に姿をくらませ、そこで怒り狂った先住民たちも追跡を断念した。

ハイタワーに仕える解説者も、彼の緑の目を見て、恐るべきントゥンドゥ族の領域に入ったことを察し、隊員に恐怖に震える声でそれを告げた。ントゥンドゥとは、地域の方言で「人に害を及ぼす」といった意味で、黒魔術で敵を攻撃することで知られてた。解説者は、ハイタワーに引き返すよう懇願した。しかし、怒った先住民が下流で待ち伏せしているとなれば、猛進するほか選択肢はない。不吉な河口からカヌーを漕ぎ始め、鮮やかな緑のコケが薄気味悪く生い茂った森を抜けて行った。

 

The men were overjoyed when the people of Mtundu tribe welcomed the expedition with open arms and friendly faces, and babe them to come to their village for celebration. They cautiously asked Hightower to extinguish his cigar, for they did not allow fires in their shabby little village. Their chief, a jolly but primitive fellow named Kijanii was particularly…

ントゥンドゥ族が腕を広げ、親しげな笑顔で探検隊を歓迎し、お祝いにと彼らの村に招いてくれたとき、探検隊一同は大喜びした。部族たちは、ハイタワーに葉巻の火を消すよう慎重に頼んだ。彼らの村は木や石で出来ているため、火が禁止されていたからである。陽気で、古来からの同志である部族の長、キジャニー(?)は特に…

 

ここで新聞が折り畳まれているため、文が途切れ先が読めません。

次の段落に移ります。

 

During the ensuing celebration Hightower learned that the Mtundu tribe was protected by an ancient little idol called Shiriki Utundu, which they kept on an altar at the center of the village. It was an ugly little thing; carved from wood in an ancient time, and covered with shards of metal and nails, which were supposedly pounded into it by a tribal shaman in order to make it work its black magic. He also learned that Shiriki Utundu was one of the most valuable and important idols in the entire region. Other tribes were constantly trying to sneak in and steal it. It would be quite a prize for an antiquities collector.

次のお祝いで、ハイタワーはントゥンドゥ族が古代からの小さな偶像、シリキ・ウトゥンドゥによって守られており、その偶像は村の中心にある祭壇にて保管されていることを知った。古代より、おそらく黒魔術がうまくかかるように部族のシャーマンによって、金属の欠片や釘で、木をくりぬいて作った邪悪なもの(木彫り人形?)を打ち付けていたと言う。ハイタワーは、シリキ・ウトゥンドゥがこの地域全体で最も価値のある、重要な偶像であることも知った。他の部族たちも、絶えずこっそり忍び込み、この偶像を盗もうとしているようだ。骨董品マニアにとってはとても貴重なものである。

 

Hightower was beginning to find the idol irresistibly fascinating. It was so ugly it was almost beautiful. He asked Chief Kijanii if he could hold it and the Chief reluctantly allowed him to. The two of them even posed for photograph with the idol commemorate the moment. But the moment the idol was in Hightower's hands he knew it would be wrong to give it back. It deserved to be enshrined i(?) Hightower's African a(?) collection. Hightower wanted to be fair, so he tried to purchase the idol with beads and …

ハイタワーはその偶像の虜になっていった。偶像は、とても醜いが故に、とても美しくも見えるのである。ハイタワーは、長のキジャニー(?)に偶像を手に持ってもよいか尋ね、長はしぶしぶ許可した。この時の記念に、二人は、偶像と一緒にカメラに向かってポーズさえとった。しかし、その瞬間も偶像はハイタワーの手の中にあり、彼は偶像を長に返す気はなかった。ハイタワーは、偶像を彼のコレクションにするのがふさわしいと考えたのだ。(?)ハイタワーは公平でいたかったので、ビーズで偶像を買おうとし…

 

他の記事で隠れているところは読めないので推測ですが。。

 

Chief was no longer smiling. He furiously snatched the idol out of Hightower's hands and placed it back on its altar.

Hightower had been given no choice but to take the idol by force. On his command, Hightower's henchmen drew their hidden weapons, fully prepared to battle their way out of the village. But the tribe merely stood there, staring silently and expressionlessly as Hightower took Shiriki Utundu again from its altar. The ragged metal shards on the idol cut Hightower's hand, and although the Chief seemed to smile at the sight of Hightower's blood, he didn't raise a hand to prevent the abduction. The eyes of the villagers were filled with hatred glaring, horrible hatred, but their rotten toothy mouths were all smiling. …

長はもはや笑っていなかった。彼はハイタワーの手から偶像をもぎとり、元あった祭壇に戻した。ハイタワーは、もはや力ずくで偶像を奪わざるを得なかった。彼にいつ命令されてもいいように、彼の部下たちは村を出るために、武器を取り出し戦う準備は万全だ。しかし、先住民はただそこに立ち尽くし、無表情で静かに、ハイタワーが祭壇からシリキ・ウトゥンドゥを取って行くのを見ていた。偶像についていたぼろぼろの金属の破片で、ハイタワーは手を切り、それを見た長はハイタワーの血を見て笑ったように見えたが、偶像を強奪されまいと手をあげることはなかった。村人たちの目は、憎しみと憎悪で溢れてギラギラと輝いていたが、彼ら全員が、ボロボロの歯を見せて不気味な笑みを浮かべていたのだ。

 

…primitive people, in his experience, did many strange and inexplicable things. The interpreter said the idol might be cursed, but in the following days they discovered that Shiriki Utundu was a harbinger of good luck. The tribe that had pursued them earlier saw Hightower holding the idol a loft and immediately tossed their weapons in the river. They took the expedition back to their village and gave Hightower everything he asked for. The idol had the same effect in every village the expedition visited subsequently. Hightower roped it on the prow of his canoe, and was welcomed with open arms in every tribe up and down the vast Congo River. By the time he was through he had collected…

 …先住民は、彼の経験上、不可解でおかしな行動をとっていた。解説者は、偶像が原因だと言っていたが、数日後、偶像が幸運を呼び寄せていることに気付いたのだ。彼らを追跡していた先住民は、ハイタワーが偶像を高くかがげてみせると、持っていた武器を川に投げ捨ててしまった。彼らは探検隊たちを村に連れて行き、ハイタワーに彼が望むものすべて与えた。その後、探検隊が訪れた他の村でも同様に偶像の幸運は作用した。ハイタワーは、偶像をカヌーの船首にくくりつけ、すると広大なコンゴ川の上流から下流まですべての村が、彼を両手を広げて歓迎した。上流から下流まですべての村を回り終わったときには、彼は様々なもの集めていたが…

 

 

ここまでで、どうやって彼がシリキ・ウトゥンドゥを手に入れたのかが、細かく記されていましたね。

「力ずくで先住民から奪った」ということはアトラクションに乗ればわかりますが、シリキを奪ったあと先住民が不気味に笑っていることは、初めて知りました。そしてこの旅でたくさんの人が死んでしまったことも。。

 

次の記事に続きます!