読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dマニアブログ〜翻訳から見るディズニーの世界〜

英語と日本語の翻訳的観点から、ディズニー映画の分析、ディズニーランドなどアトラクションの分析、海外ディズニーパークのレポートなどをしております。

ディズニーについて、映画分析、アトラクション分析、イン日記まで色んなこと書いてます。

時々、ディズニーの音楽の訳詞したり、アトラクション説明の訳したり。

アニメや漫画のはなしなんかもしたり。

海外パークと東京ディズニーリゾートの比較なんかしてみたり。

 

【ディズニー事情】東京のタワーオブテラーの知られざる登場人物⑶【ディズニーブログ】

前回に引き続き、展示新聞を訳して行きます!

 

⑴ ↓↓

mandy227.hatenablog.com

⑵ ↓↓

mandy227.hatenablog.com

 

 

今回は写真やポスターたちです。

 

付き人(先住民?)につれられ調査をするハイタワーの写真と、シリキではありませんが、他の銅像を手に入れたハイタワーの写真がのっています。(この銅像は、ハイタワーの秘密の倉庫にありますね!)

f:id:mandy227:20160916120614j:plain

 

HIGHTOWER'S ADVENTURE CORPS FOR BOYS

Taming the Beast of Tamas!

The angry natives gathered around, eyes glowing with hatred. But Hightower stood firm beside the vast and terrible statue.

“This Beast will be mine! And no savages dare bar my way!” 

諸君、これぞハイタワーの探検隊だ

タマスの獣を手なずけよ!

怒った先住民たちが探検隊を取り囲み、その目は憎しみで光っています。しかし、ハイタワーは、大きく恐ろしい像の横に堂々と立っていました。「この獣は私のものになるのだ!誰も邪魔しない方がよいぞ!」

 

f:id:mandy227:20160916204706j:plain

“There's no turning back now!”

Mr.Smelding pointed out the storm clouds on the horizon, but Harrison Hightower Ⅲ slapped him on the back and bellowed. “Courage, Mr.Smelding!”

「もう後戻りできないぞ!」 

スメルディングが、地平線のあたりに見える嵐雲を指差しましたが、ハリソン・ハイタワー3世は、彼の背中を叩き大声で言いました。「勇気を持て、スメルディングくん!」

f:id:mandy227:20160916205453j:plain

Just a few of Hightower's popular adventure magazines, sharing his exploits with young readers.

ほんの数冊しかないハイタワーの人気冒険雑誌で、彼の手柄を若い読者と共有しています。

Harrison Hightower in the sacred city of Benares

On the banks of the Ganges River, India Expedtition 1884

神聖な街ベナレスにてハリソン・ハイタワー

ガンジス川の土手、1884年のインド探検より

 

コンゴ川以外にも命がけで探検旅行に出ていたハリソン・ハイタワー。

当時の写真がその傲慢さを物語っています。

 

次は再び新聞記事へ。ホテル・ハイタワー開業当時の様子にせまります!