読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dマニアブログ〜翻訳から見るディズニーの世界〜

英語と日本語の翻訳的観点から、ディズニー映画の分析、ディズニーランドなどアトラクションの分析、海外ディズニーパークのレポートなどをしております。

ディズニーについて、映画分析、アトラクション分析、イン日記まで色んなこと書いてます。

時々、ディズニーの音楽の訳詞したり、アトラクション説明の訳したり。

アニメや漫画のはなしなんかもしたり。

海外パークと東京ディズニーリゾートの比較なんかしてみたり。

 

【ディズニー事情】東京のタワーオブテラーの知られざる登場人物⑷【ディズニーブログ】

今回は1892年1月25日のニューヨーク・テレグラフという新聞記事を訳します!

⑴、⑵での記事より過去の話ですね。

 

【ディズニー事情】東京のタワーオブテラーの知られざる登場人物⑴【ディズニーブログ】 - Dマニアブログ

【ディズニー事情】東京のタワーオブテラーの知られざる登場人物⑵【ディズニーブログ】 - Dマニアブログ

【ディズニー事情】東京のタワーオブテラーの知られざる登場人物⑶【ディズニーブログ】 - Dマニアブログ


 

f:id:mandy227:20160921163534j:plain

Whether Forecast: RAIN OR SNOW

SNOW and slush plentier than business. Still Spring is near-according to the almanac. World Wants succeed in spite of the weather.

TRY THE 3 AND 7 TIME RATES 

天気予報:雨または雪

雪とみぞれで仕事に支障がでる可能性。しかし、カレンダー通りなら春はもうすぐそこ。天気がどうであれ、世界は成功を望んでいる。

変化率(?)(昔の言い回しなのか、天気予報の専門用語なのか訳不可)

 

f:id:mandy227:20160921164544j:plain

A GLORIOUS CELEBRATION ENSUES

HOTEL HIGHTOWER GRAND OPENING

盛大なパーティが行われます

ホテル・ハイタワー記念すべき開業 

 

f:id:mandy227:20160921170822j:plain

HIGHTOWER'S MASTERPIECE OPENS AT LAST

January 24, 1892 New York City, NY - Towering above Manhattan, the glorious Hotel Hightower has finally opened its doors to the public after three years of construction. Harrison Hightower Ⅲ, the Dragon of Park Place, reportedly conceived this hotel a personification of everything he stands for: Beaut, Power, Elegance and Excellence. The hotel and the man who built it are both prime examples of the PARADE DOWN FIFTH AVENUE

 ついに開業、ハイタワーの最高傑作

1892年1月24日、ニューヨーク、マンハッタンの上空にそびえ立つ、壮大なホテル・ハイタワーが、3年間かけてついにオープンしました。ハリソン・ハイタワー3世は、彼曰く、このホテルを彼のすべて、美しさ、力、気品、優秀さを象徴する、ドラゴンパークプレイスの化身として思い描いていました。このホテルと、ホテルを建てた男はどちらも5番街のパレードの主役と言えたでしょう。

 

f:id:mandy227:20160928145902j:plain

 The Grand Opening Celebration began with a parade down Park Avenue. It was an exotic event, featuring music and costumed peoples from various countries of the world. The parade (?) with an impressive float depicting a massive globe of the earth...

記念すべき開業のお祝いは、パークアベニューのパレードで始まりました。世界中の様様な国々の音楽と着飾った人々を伴ったとても派手なイベントでした。印象的な大きな地球儀を表現したフロートが…

 

…by Belly dancers from Arabia, accompanied by a small orchestra on a stand, pulled by Arabain horses. This was followed by a group pf Arapaho Indian ghost dancers and drummers. These, in turn, were followed by acrobats from Indonasia, chanting Maori warriors from New Zealand, and elegantly dressed geishas from Japan. It was quite a strange collection of people, who reportedly had been brought from the far corners of the world for only one purpose: to march in this parade.

…アラビア馬が引く小さなオーケストラに連れ立った、アラビアからのベリーダンサーたちでした。これに、インドのアラパホー族のゴーストダンサー(インドの宗教的なダンスを踊る人)とドラマーが続きました。その後、インドネシアのアクロバットニュージーランドマオリ族の戦士たちによる詠唱、品よく着飾った日本の芸者が次々と登場しました。報道によると、このパレードで行進するというたったひとつの目的のために、世界の果てまで隅々から人々が集められるということは、なかなか奇妙なことでした。

 

f:id:mandy227:20160928161645j:plain

They banged wildly banging on drums and doing a most amusing dance. Many of these men appeared oddly frightened, perhaps overwhelmed by the awesome sights and sounds of Manhattan. Behind this group of villagers followed Hightower, grandly riding atop a giant African elephant, wearing a glorious white uniform and pith helmet with a tall feather waving in the wind. Hightower's elephant was surrounded by an honor gu(?)d of tough looking men, dressed in jungle coats, carrying rifles and flags with Hightower's double-H emblem. More than a few women are reported to have fainted at the glorious sight of Hightower on top of that Elephant, his gleaming white beard shining in the sun.

彼らは、荒々しくドラムをバンバンと叩き、最も愉快なダンスをしました。彼らの多くが変に怯えているように見え、それはおそらくマンハッタンの最高の眺めと音で圧倒しされていたのでしょう。ハイタワーに従える村民たちの後ろで、彼は栄誉ある白い制服を着て、風でなびく羽飾りの付いた探検帽をかぶり、巨大なアフリカゾウの上に雄大に乗っていました。ハイタワーのゾウは、ジャングルコートを着て、ライフル銃とハリソン・ハイタワーのダブルHの紋章が描かれた旗を持った勇ましい護衛に囲まれていました。太陽の光で白い髭をキラリと光らせゾウにまたがるハイタワー、という美しい眺めに、たくさんの女性たちが気を失ったそうです。

 

Four brass bands from different boroughs were assembled around the hotel, all playing the 'Hightower March' as he arrived. The sound was nearly deafening. The New York Police had quite a time holding back the crowds for Hightower's arrival. He rope up to a podium and gave a speech that was nearly drowned out by the cheering throng. “People of New York, with my own two hands I have created this magnificent edifice, which I now give to you, that you may share in my greatness!” Hightower cut the ribbon across the threshold with his cutlass, and stepped inside.

ニューヨーク市のマンハッタン以外4つの区からやってきたブラスバンドらがホテルの周りに集まり、彼が到着すると全員で“ハイタワー・マーチ”を演奏しました。それは、耳が聞こえなくなりそうなほど大きな音でした。ニューヨーク市警は、ハイタワーを見に押し寄せた人混みを制止するのに苦労しました。彼はロープを使って演壇に上がり、歓声にかきけされそうな中、スピーチをしました。 “ニューヨーク市民よ、私はこの手で壮大な建築物を作り、今これをあなたたちに捧げよう。そして、私の偉大さに触れることが出来るだろう。” ハイタワーは、入り口に張られたリボンをカトラス(船乗りがよく使用する短剣)で切り、中に足を踏み入れました。

 

つづく。。